女性芸能人の歯・画像掲示板3

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
倍賞千恵子 (乱杭歯→差し歯、銀歯)
【まとめ】
 倍賞千恵子の歯は乱杭歯→28歳:上前歯1本差し歯、
36歳:上奥歯(1本差し歯/2本銀歯(インレー))、
50歳:上前歯+1本差し歯、51歳:下奥歯1本差し歯、
73歳:上奥歯(+2本差し歯/+1本銀歯(インレー))。

【ヒストリー】
 倍賞千恵子は松竹歌劇団を退団し松竹映画と契約していた。
 左上1番と右上2番が唇側転位し、右上1番が舌側転位していて、
倍賞千恵子は乱杭歯だった (画像は20歳時)。
 22歳。
 右上2番を抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に倍賞千恵子は
屈曲金属コア付の差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
挿して乱杭歯を目立たないように直していた (画像は28歳時)。
 結婚時。
 右上2番の差し歯の歯茎との境目が黒ずんでいた
(画像は34歳時)。
 倍賞千恵子の右上4番と右上5番は金インレーを詰めた銀歯で、
右上5番の頬側前方に金インレーがはみ出してキラリと光っていた 
(銀溝 様御紹介、画像は36歳時)。
 2枚前の画像と比べると倍賞千恵子の左上6番は金属冠の頬側
にのみセラミックを焼き付けたメタルボンドセラミッククラウン
(差し歯)で舌側は黒光りしていた (銀溝 様御紹介、画像は36歳時)。
 38歳の時、離婚していた。
 右上1番を抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に屈曲金属コア付の
差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を挿して倍賞千恵子は
乱杭歯を完全に直していたが、自歯の左上1番~左上3番が黄色くて
目立っていた (画像は50歳時)。
 再婚時。
 倍賞千恵子は左下6番に白すぎるメタルボンドセラミッククラウン
(差し歯)を被せていた (画像は51歳時)。
 63歳。
 72歳。
 倍賞千恵子の左下5番~右下5番はまだ自歯だった
(画像は73歳時)。
 倍賞千恵子の左上5番は金インレーを詰めた銀歯だった
(画像は73歳時)。
 倍賞千恵子の右上5番と右上6番は金属冠の頬側と咬合面の角
にのみセラミックを焼き付けたメタルボンドセラミッククラウン
(差し歯)で舌側は真っ黒だった (画像は73歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/