女性芸能人の歯・画像掲示板3

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
相武紗季 (銀歯、矯正) 更新
【まとめ】
 相武紗季(あいぶさき)の歯は捻転歯、19歳:相武紗季は
下奥歯2本銀歯(インレー)、25歳:下奥歯(+1本銀歯インレー/2本レジン)、
26歳:下奥歯+2本レジン、29歳:銀色アンカー仮着,歯列矯正→
30歳:銀色アンカー撤去、歯列矯正不十分。

【ヒストリー】 
 相武紗季は一見綺麗な歯並びだったが左上2番と特に右上2番の
幅が小さく見えていた。
 相武紗季は右上顎の成長が悪かったのか、歯列を水平に見ると
右目が下がり、左右の目を水平に見ると下顎が向かって左に曲がって
いた (画像は21歳時)。
 相武紗季の右上2番は右上3番側が90度舌側に捻転した捻転歯で
右上1番側が右上1番より唇側に少し飛び出し、右上3番側は
右上3番の舌側に回り込んでいた。
 左上2番も左上3番側が50度舌側に捻転した捻転歯で左上1番側
が左上1番より唇側に少し飛び出し、左上3番側は左上3番の舌側に
回り込んでいた (画像は20歳頃)。
 相武紗季の右上2番の捻転歯はさらに唇側に45度曲がっていた
ので右上1番より唇側に少し飛び出ていたのは右上1番側の切端
だった (画像は20歳頃)。
 相武紗季の左下6番と右下6番は銀インレーを詰めた銀歯
だった (画像は19歳頃)。
 相武紗季は左下7番も銀インレーを詰めた銀歯だった。
 左下6番と右下6番はレジン充填していたが茶色く変色していた 
(画像は25歳時)。
 ビールのCMで自慢げに大口を開けていたが、相武紗季は左下6番、
左下7番、右下6番、右下7番にレジン充填していて咬合面の溝が
埋まっていた (画像は26歳時)。
 相武紗季の上前歯の捻転は昔と変わっていなかった
(画像は26歳時)。
 舌側からの歯列矯正を開始したようで、相武紗季は右上1番と
右上2番、右上2番と右上3番のそれぞれの歯間に隙間が開いていた
(画像は29歳時)。
 右上5番と右上6番の歯間に相武紗季は舌側からの歯列矯正用
ワイヤの金属アンカーを仮着していてピカリと光っていた。
 舌側からの歯列矯正によって右上3番を頬側に転位させ、開いた
スペースに右上2番を回転して捻転を50度に低減していた 
(フラッフィー様情報、画像は29歳時)。
 左上5番と左上6番の歯間にも相武紗季は舌側からの歯列矯正用
ワイヤの金属アンカーを仮着していてピカリと光っていた。
 舌側からの歯列矯正によって左上3番と右上3番を頬側に転位
させ、開いたスペースに左上2番と右上2番を回転し始めたが、
まだ50度捻転していたので、相武紗季は八重歯になっていた
(画像は29歳時)。
 相武紗季は左上5番と左上6番との歯間と右上5番と右上6番
との歯間にそれぞれ仮着した舌側からの歯列矯正用ワイヤの金属
アンカーが銀歯のようにキラリと光っていた。
 舌側からの歯列矯正によって左上2番と右上2番をさらに回転
して捻転を30度に低減していた。
 しかし、歯列矯正の副作用で左上3番と右上3番が両隣の歯と
比べて長く伸びてしまい、左上2番と右上2番がまだ捻転していた
ので、相武紗季はまだ少し八重歯ぽく見えていた (画像は29歳時)。
 それからわずか2か月後、ツイッターで「歯列矯正が終わった」
と発言していたが、歯並びは一つ前の画像と変わらず、左上3番と
右上3番が少し長くて左上2番と右上2番が少し捻転していたので、
相武紗季はまだ少し八重歯ぽく見えていた (画像は30歳時)。
 歯並びを完璧に直し、後戻りを防ぐためには、あと1年以上
歯列矯正を続ける必要があるが、相武紗季はギラギラ銀歯に見える
金属アンカーを嫌って撤去し歯列矯正を中止したのが真相のようだ。
 やはり、相武紗季は左上3番と右上3番がまだ少し
八重歯ぽく見えていた (画像は30歳時)。
 30歳の時、相武紗季は結婚していた。
 歯列矯正は結婚準備の一つだったようだ。

 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/