女性芸能人の歯・画像掲示板3

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
熊谷真実 (八重歯→総差し歯)
【まとめ】
 熊谷真実の歯は八重歯片側→19歳:熊谷真実は上顎4本差し歯,
奥上1本抜歯、36歳:奥歯(上+2本/下1本)差し歯、
51歳:熊谷真実は上顎総差し歯、52歳:下奥歯+5本差し歯。

【ヒストリー】 
 左上2番が舌側転位していて、熊谷真実は八重歯だった
(画像は10歳頃)。
 朝の連続テレビドラマに出演時。
 左上1番~左上4番を抜髄して歯冠を削り落とし歯根の穴に
熊谷真実は屈曲金属コア付で左上2番と左上4番の切端を唇側に
曲げ、左上3番の切端を舌側に曲げた4本連結の差し歯(メタル
ボンドセラミッククラウン)を挿して八重歯を軽減していた 
(画像は19歳時)。
 結婚、離婚後。
 熊谷真実は右下5番、右上5番、右上6番に舌側が黒い金属の
メタルボンドセラミッククラウン(差し歯)を被せているにも
かかわらず、糸ようじのCMに出演して大口を開け、差し歯の
裏側の黒い金属を見せていた (画像は36歳時)。
 熊谷真実は左上1番~左上4番の差し歯を交換して左上2番を
さらに唇側に出して八重歯を完全に直していた (画像は40歳時)。
 歯列弓から外れて生えたのか、昔、右上4番を抜歯していた。
 熊谷真実は上顎総差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)
になっていた。
 左上1番~右上2番の差し歯の歯茎が黒ずんでいた。
 左上2番~左上4番は歯肉が逃げて歯茎が上がってしまった
ので差し歯を歯茎方向に長くして歯茎色の陶材を焼付けて歯肉に
見せかけていた (画像は51歳時)。
 18歳年下の書道家と再婚後。
 熊谷真実は左下4番~左下6番、右下4番、右下6番にも咬合面に
溝がないメタルボンドセラミッククラウン(差し歯)を被せていた 
(画像は52歳時)。
 上顎の総差し歯の舌側の歯茎との境目にはずらりと黒い金属が
露出していた (画像は53歳時)。
 熊谷真実は上顎の総差し歯をジルコニアセラミッククラウンに
交換していた (画像は54歳時)。
 右上顎 (画像は54歳時)。
 左上顎。
 歯肉が逃げて歯茎が上がっているので差し歯を歯茎方向に長く
作製し連結していて歯と歯がつながって見え、5枚前の画像の
ような歯茎色の陶材も焼付けておらず、バナナのように並んだ
差し歯が不気味に見えていた (画像は54歳時)。
 さらに800人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/