女性芸能人の歯・画像掲示板3

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
小正裕佳子 (乱杭歯→差し歯、銀歯) 更新
【まとめ】
 小正裕佳子(こまさ ゆかこ)の歯は乱杭歯→
24歳:小正裕佳子は上前歯5本差し歯、
34歳:小正裕佳子は下奥歯(1本銀歯インレー/1本差し歯)。

【ヒストリー】
 小正裕佳子は大学と首都圏大学のミスコンテストでそれぞれ
優勝していた (画像は20歳時)。
 左上3番の切端が30度舌側に曲がり、左上2番が唇側転位し
切端が30度左上3番側に曲がり、右上1番が唇側転位し、
右上2番が舌側転位し、右上3番が唇側転位し、右上4番が
舌側転位していて、小正裕佳子は乱杭歯だった (画像は20歳時)。
 大学院進学後。
 小正裕佳子はミス・インターナショナル日本大会に出場したが
選外となっていた。
 左上3番~右上2番を抜髄し歯冠を削り落として歯根の穴に
小正裕佳子は屈曲金属コア付の差し歯(オールセラミッククラウン)
5本を歯軸を曲げたり回転して挿して乱杭歯を直していた
(画像は24歳時)。
 25歳の時、小正裕佳子はNHKにアナウンサーとして入局し
新潟放送局に配属されていた。
 左上3番~右上2番の乱杭歯は差し歯で綺麗に直していたが、
小正裕佳子は唇側転位した自歯の右上3番が少し八重歯ぽく見えて
いた (画像は28歳時)。
 29歳の時、小正裕佳子はNHKを退職して大学で博士号を取得し、
別の大学の助教になっていたが、32歳の時、民放のニュース
キャスターに就任していた。
 2枚目の画像と比べると明らかなように、小正裕佳子は左下1番の
右下1番側が45度舌側捻転し、右下1番の左下1番側が20度
唇側捻転し、右下2番の右下3番側が45度唇側捻転し、右下3番が
唇側転位したままだった (画像は32歳時)。
 小正裕佳子の右下7番は銀インレーを詰めた銀歯で、右下6番は
咬合面に溝がないオールセラミッククラウン(差し歯)を被せて
いた (え様御紹介、画像は34歳時)。

 さらに900人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/