女性芸能人の歯・画像掲示板3

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
峯岸みなみ (V字出っ歯+八重歯→矯正→歯列整形) 再々更新
【まとめ】
AKB48の峯岸みなみ はV字出っ歯+八重歯→歯列矯正→
歯列整形/銀金具 → (峯岸みなみ の歯の詳細)
峯岸みなみ はV字出っ歯+八重歯両側→
12歳:抜歯奥歯(上2本/下2本)→峯岸みなみ は歯列矯正、
24歳:峯岸みなみ は歯列整形手術
→銀金具固定中奥歯(上12本/下12本)。

【最新】 峯岸みなみ の歯は治療4本。

【ヒストリー】
 左上1番と右上1番が長くてV字形に開き、左上3番と
右上3番が唇側転位していて、峯岸みなみ はV字出っ歯+
八重歯だった (新画像、12歳時)。
 12歳の時、左上5番、右上5番、左下4番、右下4番を
抜歯して歯列矯正を開始していたが、 13歳直前に、
オーディションに合格して峯岸みなみ はAKB48 一期生に
なり、13歳の時、AKB48はCDデビューしていた。
 事務所の指示で歯列矯正完了前に歯列矯正金具を外した
ので、歯列矯正が後戻りして、峯岸みなみ は左上1番と
右上1番が唇側転位して出っ歯気味になったので、
マウスプレート矯正を行っていたが、食事後にマウスプレート
を装着するのをサボったので歯列矯正が進展しなかったと、
峯岸みなみ は27歳の時、告白していた。
 17歳の時、シングル選抜総選挙で峯岸みなみ は14位に
なっていた (画像は17歳時)。
 12歳の時、左下4番と右下4番の歯を峯岸みなみ は
抜歯して歯列矯正していたが、抜歯跡の隙間を歯を移動
せずに倒して塞いだため、下顎の全ての左右奥歯が
峯岸みなみ は切端が45度舌側に倒れていた。
 下顎に峯岸みなみ は銀歯が見当たらなかった
(画像は17歳時)。
 12歳の時、左上5番と右上5番の歯も峯岸みなみ は
抜歯して歯列矯正していたが、左上4番と右上4番が
40度舌側に倒れ、左上6番と右上6番が歯茎から半分
しか萌出していなかった。
 また、歯列弓を拡大しなかったため、歯列矯正が後戻り
して、左上1番と右上1番の歯が峯岸みなみ は唇側転位し、
左上2番と右上2番が少し舌側転位し、それぞれ唇側中央に
向けて45度唇側捻転し左上1番と右上1番の舌側に一部
隠れていて、峯岸みなみ は出っ歯に見えていた。
 上顎にも峯岸みなみ は銀歯が見当たらなかった。
 男性宅お泊りで20歳の時、峯岸みなみ は研究生に降格
したが、半年後、正規メンバーに復帰していた 
(画像は20歳時)。
 24歳の時、峯岸みなみ は”歯列矯正”を行っていると
告白していた。
 峯岸みなみ は歯の唇側に金具が見えないので舌側からの
”歯列矯正”のようだ。
 2枚目と比べると明らかなように、左上3番~右上3番の
歯が峯岸みなみ はアーチ形に並び、40度舌側に倒れていた
左上4番と右上4番と、歯茎から半分しか萌出していなかった
左上6番と右上6番が正規の位置に直立していた。
 上顎に比べて下顎の歯列弓が大きかったので、下顎奥歯を
全て舌側に40度倒して上顎の歯と咬合させていた。
 左上6番と右上6番の咬合面に歯列矯正金具が露出して
キラリと光っていた (新画像、27歳時)。
 ”歯列矯正”開始から丸3年経っても、左下7番~右下7番
の12本の咬合面に銀金具を仮着したままで、峯岸みなみ は
銀歯のようにギラギラと光っていた。
 上顎の歯にも峯岸みなみ は同様の金具を装着していて、
外すまでにまだ4か月以上かかると告白していたが、歯列矯正
ならば咬合面に銀金具を仮着することなどあり得ない。
 1枚目と2枚目を比べると明らかなように、17歳までに
峯岸みなみ は歯列矯正済だったが、3枚目のように全ての
下奥歯が45度舌側に倒れ、4枚目のように左上4番と
右上4番が40度舌側に倒れ、左上6番と右上6番が歯茎から
半分しか萌出していないので、上下の奥歯が峯岸みなみ は
ほとんど噛み合っていなかった。
 従って、24歳時に、顎骨から歯を1本すつ歯槽骨ごと
切り離し、角度と高さを修正して並べ直し、それらの歯の
咬合面に銀金具を仮着し連結固定して、多分割された歯槽骨と
顎骨を数年かけて再接合する歯列整形手術(歯槽骨分節
骨切術)を行ったことを峯岸みなみ は”歯列矯正”と称して
いるようだ (新画像、27歳時)。

 27歳の時、峯岸みなみ はAKB48を卒業すると宣言して
いたが、新型コロナウイルス感染拡大のため、卒業コンサート
を延期していた。

 さらに1400人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/