女性芸能人の歯・画像掲示板3

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
鈴木あきえ (歯列矯正)
【まとめ】
鈴木あきえは歯列矯正 → (鈴木あきえの歯の詳細)
鈴木あきえは唇側転位上前歯2本→
29歳:上前歯4本側面削り→鈴木あきえは歯列矯正。

【ヒストリー】
 鈴木あきえはグラビアアイドルや女優を経験後、19歳の
時、テレビ番組のリポーターになっていた。
 左上2番と右上2番の歯が鈴木あきえは唇側転位していて
ニヒルな歯並びだった (え様情報、画像は28歳時)。
 1枚目と比べると明らかなように、29歳の時、鈴木あきえ
は歯が綺麗に並んでいた (え様情報、画像は30歳時)。
 1枚目で見える左上2番と右上2番のそれぞれの切端の
わずかの欠けがこの画像でも見えることと、歯茎がピンク色で
自然なこと、金属が見えないことから、インビザライン
(マウスプレート)によって鈴木あきえは歯列矯正した
ようだ。

 PC専用■インビザラインとは?■
http://www.kyousei-shika.org/kyousei/no_wire.html
 上左右4番を抜歯せず、半年間で鈴木あきえの歯が綺麗に
並んだ理由を4枚目で解説する。
 歯列矯正前、左上2番と右上2番の歯が鈴木あきえは
唇側転位していた他に、左上1番と右上1番の切端が
30度舌側に曲がっていた (画像は28歳時)。
 1枚前と比べると、歯列矯正後は左上1番と右上1番の切端
の舌側への曲がりがほぼ直り、左上2番と右上2番が左上1番
と右上1番より舌側に後退して、鈴木あきえは歯が綺麗に
並んでいた (画像は30歳時)。

 鈴木あきえは歯列矯正で左上2番と左上1番、右上2番と
右上1番のぶつかりを回避するために、上左右4番を抜歯し
歯を大きく横移動させたりせず、左上2番と右上2番の左右
側面と左上1番と右上1番の外側面をそれぞれ 0.5mmずつ
削るスライス矯正を行った後にインビザラインで歯の植立角度
を直したので、半年間で鈴木あきえは歯が綺麗に並んだ
ようだ。
 PC専用■スライス矯正とは?■
http://www.kobe-kyousei.net/kyousei/slice.html
 歯列矯正前、下顎も鈴木あきえの歯は凸凹していて、
左下3番が唇側下方転位し、右上1番の左上1番側と
右上2番の右上3番側がそれぞれ40度唇側転位して
いた (画像は28歳時)。
 1枚前と比べると、29歳の時、下顎も鈴木あきえは歯が
ほぼ綺麗に並んでいた (画像は30歳時)。
 下顎もインビザライン(マウスプレート)によって歯列弓を
拡大して、鈴木あきえは歯列矯正したようだ。
 30歳の時、鈴木あきえは結婚し、10年半続けていた
リポーターを卒業していた。
 さらに1100人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/