女性芸能人の歯・画像掲示板3

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
麻丘めぐみ (銀歯、歯抜け、セラミック)
【まとめ】
麻丘めぐみは銀歯3本経験/セラミック歯2本 →
(麻丘めぐみの歯の詳細) 麻丘めぐみは八重歯片側,抜歯下奥歯1本、
<18歳:麻丘めぐみは銀歯(インレー)奥歯(上1本/下1本)、
<62歳:麻丘めぐみはセラミック差し歯奥歯(上1本/下1本),
銀歯(インレー)上奥歯+1本。

【ヒストリー】
 麻丘めぐみは3歳の時、子役デビューし、モデルとしても
活動した後、16歳の時、歌手デビューしていた。
 左上2番が少し舌側転位し、左上3番がやや唇側転位して
いて、麻丘めぐみは八重歯だった。
 よく見ると、麻丘めぐみは銀歯があり、右上5番の頬側前方
に銀インレーがはみ出していた (画像は17歳時)。
 左下1番と右下1番の歯が麻丘めぐみはV字形に開き、
2本の中心(正中)が向かって左にズレていて、右下2番が
少し舌側転位していた (画像は18歳時)。
 さらに、麻丘めぐみは銀歯があり、左下6番に銀インレーを
詰めていた (画像は18歳時)。
 麻丘めぐみは22歳の時、結婚し、長女を出産し、28歳
の時、離婚し、女優としてカムバックしていた。
 それから数十年が経過して歯のエナメル質が溶けて内部の
黄色い象牙質が透けて、麻丘めぐみは歯が黄色くなっていたが
上下前歯は天然歯のままだった。
 しかし数十年前に、右下6番の歯を麻丘めぐみは抜歯して
いた。
 麻丘めぐみは顎がゆがみ、歯列弓が向かって右から左に
30度上がっていた (画像は60歳時)。
 62歳の時、テレビ番組の歯科検診で口の曲がり(顎の
ゆがみ)は抜歯後、何十年も反対側の顎でのみ噛んでいたので
その顎のみ成長したことが原因で、やがて麻丘めぐみは口を
大きく開けられなくなると警告されていた。
 テレビ番組の歯科検診で、麻丘めぐみは歯のパノラマ・
レントゲン撮影も行っていた。
 麻丘めぐみは銀歯があり、右上5番に加えて右上4番にも
銀インレーを詰めていた。
 左上6番と左下6番は虫歯で歯冠が崩壊したようで抜髄して
金属支台を築造しクラウンを被せていた。
 右下6番は昔に抜歯したようで右下7番が抜歯跡に倒れ
かけていた。
 右上8番と左下8番の親知らずが歯茎の中に横転して埋覆
していた (画像は62歳時)。
 左上6番は白いが、レントゲンで見るとクラウンなので、
麻丘めぐみが差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を
被せていたことがわかる (画像は60歳時)。
 右下6番の抜歯跡が確認できる。
 左下6番も白いが、レントゲンで見るとクラウンなので、
やはり麻丘めぐみが差し歯(メタルボンドセラミック
クラウン)を被せていたことがわかる (画像は60歳時)。
 さらに1100人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/