女性芸能人の歯・画像掲示板3

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への過去現在画像/解説
金藤理絵 (セラミック、銀歯、歯列矯正)
【まとめ】
元競泳の金藤理絵(かねとう りえ)は銀歯7本/セラミック1本/
歯列矯正 → (金藤理絵の歯の詳細) 金藤理絵は歯列矯正、
24歳:咬合ズレ防止金具仮着上奥歯1本、
<28歳:金藤理絵はセラミック差し歯上前歯1本,
金藤理絵は銀歯(クラウン)奥歯(上1本/下2本),
金藤理絵は銀歯(インレー)奥歯(上2本/下2本),
歯列矯正金具仮着→歯列矯正、29歳:矯正終了、金具撤去、
咬合ズレ防止金具撤去,セラミックインレー上奥歯1本。

【ヒストリー】
 世界選手権女子200m平泳ぎで金藤理絵は4位入賞していた。
 右上1番の左上1番側が20度舌側捻転していた。
 右上4番に金藤理絵は銀歯クラウンを被せている
ように見えるが、よく見ると咬合面と舌側が白いので、ここ
一番の時に最大限の力で歯を噛みしめられるように咬合ズレ
防止金具(付け歯)を右上4番の頬側に仮着しているようだ 
(画像は24歳時)。
 世界短水路女子200m平泳ぎで金藤理絵は2位になっていた。
 一枚前と比べると明らかなように右上1番を抜髄し歯冠を
削り落して歯根の穴に金藤理絵は差し歯(セラミック
クラウン)を左上1番と横一列に並ぶように歯軸を回転して
挿していた。
 金藤理絵は銀歯があり、左下6番と右下5番に銀クラウン
を被せ、右下6番には銀インレーを詰めていた 
(画像は25歳時)。
 日本選手権女子200メートル平泳ぎで金藤理絵は優勝して
いた。
 さらに金藤理絵は銀歯があり、右上5番にも銀インレーを
詰めていた。
 金藤理絵は歯列矯正中で、右上2番と右上3番に歯列矯正
金具を仮着し、金属ワイヤーを巻き付けていた 
(画像は27歳時)。
 右上4番と右上5番の歯にも金藤理絵は歯列矯正金具を
仮着し、金属ワイヤーを巻き付けていた。
 1枚目~3枚目で銀クラウンみたいに見える右上4番の
咬合面と舌側が白いので、やはり頬側に仮着した咬合ズレ
防止金具(付け歯)のようだ (画像は27歳時)。
 金藤理絵は差し歯の右上1番の歯茎が黒ずんでいた。
 右下3番~右下5番の歯にも金藤理絵は歯列矯正金具を
仮着し、金属ワイヤーを巻き付けていた。
 さらに金藤理絵は銀歯があり、左下7番にも銀インレーを
詰めていた (画像は27歳時)。
 27歳の時、リオデジャネイロオリンピック女子200m
平泳ぎで金藤理絵は金メダルを獲得していた。
 金藤理絵は差し歯の右上1番と歯茎との境目が黒ずんで
いた。 
 さらに金藤理絵は銀歯があり、右上6番にも銀インレーを
詰めていた (画像は28歳時)。
 さらに金藤理絵は銀歯があり、左上6番に銀クラウンを
被せていた (画像は28歳時)。
 まだ金藤理絵は歯列矯正中で、左上3番~右上3番に
透明ブラケットを仮着し、金属ワイヤーを巻き付けていた
(画像は28歳時)。
 金藤理絵は現役引退会見を行い、昨年結婚したと公表して
いた。
 金藤理絵は歯列矯正を終えて、矯正金具、透明ブラケット、
ワイヤーを撤去し、銀クラウンみたいに見える右上4番の
咬合ズレ防止金具(付け歯)も撤去し、右上5番をセラミック
インレーに詰め替えていた (画像は29歳時)。
 さらに1100人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.webcrow.jp/